トップダウン

MRコンサルタントの梅田です。


昨日は、

ドクターとの感情の

やりとりの事を書きましたが、,,



今日は、少しノウハウを

書いて行きますね。


ドクターとの面談で

あなたはちゃんとクロージング

出来たと思っていても、、、


処方が増えない事が

ありますよね。


今回の面談は成功したと

判断するのは、あなたではなく

ドクターが判断するものなんです。


これは、

もうテクニック論では

ありません。


どんなドクターでも

説得する方法。


どんなドクターでも

コントロールできる事。


どんなドクターにも

処方の獲得ができる方法。


はっきり言って

そんなテクニックは

存在しません。


売れるMRは、

ドクターを操るのではなく、

ドクターごとに、

自分の道具を

自在に操ります。

このように

なれるのには、

経験が必要なんです。

だから、

1回の訪問では

成功しません。

でも、肝心なのは

何故失敗をしたか?

何がいけなかったかを

体で覚えていくしか

ないのです。

だから

「経験量」を増やす事。

そして目的を明確にした

面談が必要なんです。


入社して1年目。


所長が

同行してくれるから、

との事で、

私が担当している中では

一番大きかった、

富良野協会病院の

医局に行った時の事ですが、、、


内科の若手ドクターにも

挨拶して欲しかったのですが、、、


所長はこう言いました

「梅田、雑魚は相手にするな、、、」


そのドクターにも

聞こえたかもしれません。


で、


内科の部長のT先生が来たら、

「もう先生に会いたくて、

来ました」というんですね。



帰りの車の中で、

「トップダウンをしろ」

と話してくれたんです。



この時の事は、

今でも鮮明に

覚えています。


このトップダウンは

効きましたね。


福島時代に、

入社2年目の部下がいたんですが、、、


特約店に行くと、

同じ年位のMSさんとしか

話が出来ないんす。


私は、課長と話せと

指示を出しました。


勿論私は、支店長と

面談してましたが、、、


責任者になると、

話相手のステージが

上がるんです。



トップダウンは

あなたの力に

くれますよ!!


では、、

「一流MRへの道」

MRコンサルタントの梅田です。 本気で昇格したいMRのみに講座を開いています。 tom_u_1958@yahoo.co.jp にメール下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000